機械学習・ディープラーニングがゼロから学べる大人気『脱ブラ』が無料に!

【キカガクイベント×データクレンジングバトル】長期コースで開催しているイベントとは?

本記事はこんな方にオススメです
  • AI プログラミングスクールキカガクでどんなことをやっているのか知りたい方
  • キカガクで開催しているイベント内容を知りたい方
  • キカガクイベントに参加すると何が得られるか知りたい方

こんにちは!株式会社キカガクで機械学習や AI ビジネス活用の講師の高良です。
プログラミング等未経験からキカガクの AI 人材育成長期コースの受講し、縁あってキカガクに入社しました。

私が長期コースへ講師として参加すると、受講生の方から次のような相談をいただきます。

卒業生 A さん

受講中は一緒に学習している仲間に刺激されて学習を続けられてたが、卒業後は学習のモチベーションが下がるときがある…。
同期だけでなく、他の期の方とも交流できないかな

現受講生 B さん

実際に、私も受講中に同じ様な悩みを持っていました。
そんな声をもとに立ち上がったキカガクイベントについて紹介していきます。
この記事を読んで、キカガクイベントや長期コースに興味を持ってもらえたら嬉しいです。

キカガクイベントとは?

AI 人材育成長期コースの受講生・卒業生であればどなたでも参加できるイベントです。

AI 人材育成長期コース

イベントを紹介する前に、キカガクが運営する長期コースについて簡単にご紹介します。
AI 人材育成長期コースは Python を使ってAI 搭載の Web アプリケーション開発を最短最速で学べる講座です。

実際に受講した私の一押しポイント
  • 受講生同士の交流でモチベーション UP & 情報共有が可能
  • 受講後もキカガクのコンテンツ見放題 & キカガクイベントにて学習の継続ができる
  • 講師との活発なコミュニケーションで未経験から AI 搭載のアプリ作成
ちなみに、受講中に E資格に合格した前田さんは長期コースの同期でした。
【E 資格合格者インタビュー】長期コースで E 資格に合格するまで!

前回のイベント「コンペティションに挑戦編」

前回のイベントでは、データサイエンスのコンペティションである SIGNATE にグループで挑戦しました。

データサイエンスのコンペティションに興味がある方は、以下の記事を参考にしてみて下さい。コンペティションでは世界中のデータサイエンティストが精度や実装力を競い合い、好成績を残した方は賞金や実績、名声を得られます。
SIGNATE とは?コンペの参加方法や Kaggle との違いも解説! Kaggle とは Kaggle とは?始め方や入門「タイタニック問題」も紹介!

事前に講師からのデータ分析のポイントを解説後に「コンペティションの参加・データの分析・モデル構築・結果の提出」といったコンペティションに参加し結果を出すまでの一連の流れを行いました。

データの分析のポイント解説では、様々な可視化方法などカリキュラムに載っていない応用的な内容も含め、より実践的なデータ分析を体験しました。このイベントをきっかけに、イベントに参加された多くの方が自らコンペティションに参加して下さいました。
event_graf
*実際にデータ分析で可視化したグラフ

今回のイベント「データクレンジングバトル編」

今回は「データクレンジングバトル」というイベントを実施しました。
▼データクレンジングバトルとは

  • 企業との実データ案件を担当しているデータサイエンティストが設計、プロデュース
  • 制限時間内により多くの汚いデータを解析ができるきれいな形にクレンジングできたかを競うイベント
  • キカガク側で作成したチーム対抗戦
  • 普段なかなか扱えない実データベースの前処理
▼当日タイムスケジュール
STEP.1
オープニング
STEP.2
チームビルディング
クレンジングバトルに向けてチームでの親睦を深める
STEP.3
データ分析の課題説明
より実践に即した課題を 12 問出題
STEP.4
実データ分析ワーク
制限時間 60 分
解き方自由
講師への質問 2 回まで可能
STEP.5
結果発表
チームごとの正解数を発表

実務で AI プロダクトを活用するにしても、データ分析をするにしても欠かせないのがデータの前処理です。この泥臭いけれども確実に必要なプロセスを、現場さながらに体験していただきました。

イベント内の問題を 1 つ紹介します。以下のように、時系列データに対して処理を行う問題も含まれていました。
event_question

実際のイベントはどうだった?

企画者側の目的

今回のデータクレンジングイベントの目的は次のとおりです。
チームを組むことで卒業生と受講生の交流を増やすだけでなく、多くの実データ PBL 研修を実施しているキカガクのノウハウを多くの方にインストールしてもらえるイベントを設計しました。

▼イベントの目的

  • 実務で役に立つような、より実践に即したイベント
  • 講義動画の内容+αの学び
  • 長期コースの卒業生・現役生との交流の場
  • 長期コースの卒業生・現役生のより実践的な勉強の場

参加者側の感想

参加後に行ったアンケートのご意見・ご感想をピックアップしました。

▼イベントへ参加してのご意見・ご感想

  • 分析の仕事は前処理 8 割と言われるように、実務に則した内容でとても勉強になりました。
  • 難易度は高かったですが、とても勉強になって楽しかったです。
  • 仕事で使っている割には、思ったよりもpandasを使いこなせていないと気付くことができた。
  • 多くの方とお話ができる貴重な機会だと思います。とても楽しかったので、ぜひ頻度あげて開催いただけると嬉しいです。
  • 自分一人でやっているより、このようなイベントで問題に挑戦すると言うのは、緊張感があって良かったです。

この他にも、次回のイベントを楽しみにされているというお声がたくさん集まりました。

高良

ご参加いただいた皆様ありがとうございました!私は参加者側でしたが、みなさまと一緒に参加できてとっても楽しかったです!

最後に

長期コース卒業生として率直な感想

長期コース受講生として参加者側で参加した率直な感想を良かった点と懸念点としてまとめてみました。

良かった点
  • 実際に実務で使うような前処理を実装できる
  • 同じ目的をもった方々とコミュニケーションが取れる
  • 様々なコーディング例が見れ、引き出しが増える
  • 全力で参加できるため楽しい
懸念点
  • 真剣に取り組むため 60 分だと時間が足りない
  • コミュニケーションを取れる相手が同じチームの方に限られる
今回のイベントも問題や回答の資料は後日配布されました。キカガクには卒業生コミュニティがあります。イベント後、そのコミュニティで「どんなコーディングをしたのか」や、「よりできるようになるにはどうしたらよいか」などをみんなで共有しました。
今後もイベントをどんどん企画し、色々な方とコミュニケーションが取れるようにしていきたいと思います。長期コースの受講生・卒業生の方のご参加お待ちしております!

まとめ
・プログラミングスクールキカガクでは、カリキュラムとは別に不定期でイベントも行っている
・イベントに参加することで、情報交換や学習へのモチベーションにつながる
・講師からだけでなく、他参加者のノウハウを知れる

以上です。今回は、キカガクイベントについて紹介しました。「キカガクの長期コースに興味を持った!イベントが気になる!」という方は、まずは2022 年 7 月開催予定の「AI 人材育成長期コース」の無料説明会にご参加下さいませ。

AI 人材育成長期コースの無料説明会

弊社では、データサイエンスから画像・自然言語の AI モデル構築や、AI 搭載の Web アプリケーション開発が最短最速で学べる講座を運営中です!
第四次産業革命スキル習得講座にも認定されており、給付金を使うことで、受講料が最大 70 % OFF になります。

2022 年 7 月開催より無料説明会を再開していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!