機械学習・ディープラーニングがゼロから学べる大人気『脱ブラ』が無料に!

【無料】AI お絵かきソフトの NVIDIA Canvas で、写真のようなリアルな風景画を描こう

こんにちは。デザイン大好き認定クリエイターの martina. です!

みなさんは絵やイラストを描いたりしますか?学校の美術くらいでしか描いたりいたことないって人も多いんじゃないでしょうか。
もし簡単に絵が描けるようになったらなぁ…と思ったそこのあなた!

AI の力でその絵描けます。絵というより、写真が描けます(?)

というわけで、今回は NVIDIA Research が開発した GauGAN という技術を使用している NVIDIA Canvas を使って、リアルな風景画を作成してみます!もちろん、無料です!


注意
NVIDIA 製グラフィックボード RTX シリーズを搭載した Windows10 のみ使用できます。また、ドライバーが 460.89 以降となっていますので、古い場合はアップデートする必要があります。

NVIDIA Canvas のインストール

NVIDIA Canvas

まずは、こちらのサイト中央にあるベータ版を今すぐダウンロードを押して、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、説明に従ってインストールしてください。

NVIDIA Canvas で風景画を描いてみよう!

NVIDIA Canvas

インストールが終わり、ソフトを立ち上げるとこのような画面になります。
色々なツールがありますが、さっそく左側のキャンバスに描いてみましょう。

NVIDIA Canvas 雲

とてもリアルな雲がでてきました!
これは右上の Materials が雲のマークになっているからです。

NVIDIA Canvas 山

ブラシを大きくして、右上の Materials を変えてみると山が出てきました。
この他にも川や草などマテリアルが 15 種類あるので、いろいろ試してみてくださいね。

NVIDIA Canvas スタイル

また、右下の Styles を変更すると雰囲気がかなり変わります!

NVIDIA Canvas 背景 塗りつぶし

あとは、バケツツールで背景を変えてから描き始めてみたり、

NVIDIA Canvas 直線

直線ツールを使ってまっすぐ線を引いてみたりして理想の風景画を作成してみましょう。

NVIDIA Canvas 保存

またレイヤー管理もできるので、こだわった描き込みが可能です!
描き終わったら上の保存ボタンから保存しましょう。書き出しでは PNG か PSD ファイルで書き出しが可能です。

NVIDIA Canvas

こんな感じでちょこちょこ塗るだけで右側のようなリアルな海岸などが描けるので、不思議です!!
習うより慣れろって感じのソフトなので、皆さんも実際に書いてみてくださいね!

注意
背景が空なのに真ん中に岩や木を描くなど、現実的にありえない絵を描くと絵が破綻しやすいです。

NVIDIA Canvas

まとめ

NVIDIA Canvas を使って風景画を描いてみましたが、 わかりやすい UI で、直感的に風景画を描くことができました!
塗り絵のように描くだけで、写真のような風景画がすぐに表示されることに驚きました。GIF でも凄さが伝わりましたでしょうか?

まだまだパレットの種類が少ない点や、不自然に表示される点など、改善してほしいところは多いのですが、今後は誰でもきれいな絵が描けるようになるのかもしれないですね。