【学生必見】学びながら稼げる新しい働き方が誕生!キカガクの認定クリエーターになる3つのメリット

認定クリエーターとは?

キカガクが提唱する学生の新しい働き方と学び方を備えたポジションです。

詳しい認定クリエーターの働き方は後半で紹介しますが、まず認定クリエーターになる3つの大きなメリットは以下のとおりです。

  • ikus.ai のすべてのコンテンツを無料で受講できる
  • 学びながら情報発信をすることで稼ぐことができる
  • コンテンツ制作で通常の報酬だけでなく、ストック型の報酬も得られる

キカガクの社員自身が学生時代に欲しいと思う要素をギュッと詰め込んだ学び方/働き方が認定クリエーターです。
それぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

1.ikus.ai のすべてのコンテンツを無料で受講できる

ikus.ai(読み方:いくさい)とは、弊社、株式会社キカガク が2020年の9月から提供をはじめた最先端技術を最短で学ぶことができる学習用のプラットフォームです。
最近リリースしたばかりですので、聞き慣れないと思った方は、ぜひこの機会に ikus.ai を知っていただけると嬉しいです。

この ikus.ai では、これまで弊社の研修で大人気であった、日本ディープラーニング協会の E 資格に対応したディープラーニングハンズオンセミナーや、経産省から認定を受けている自走できるAI人材になるための6ヶ月間長期コース のコースをオンライン上で受講することができます。
これまではどちらも数十万円を超える金額で提供していましたが、より多くの方に先端技術を学んで頂ける機会を人材育成企業として提供したいという思いがあり、オンライン化することにより、これまでよりも低価格ではあるものの、高品質な講義は変わらず提供できるようになりました。

オンラインということは E-learning になるため、学び続けられるか大丈夫かな?と不安に思われている方はご安心ください。
私達も受講生が学び続けられないことがネックでオンライン化、特にオンデマンドの E-learning に移行することを避けていましたが、これを チーム学習 という新しい学び方で、その多くの問題を解決します。
チーム学習などの ikus.ai での学び方の詳細は ikus.ai の公式ページ にて記載しておりますが、簡単にはこのような流れです。

E-learning では「いつでも、どこでも受講できる」ことが大きなメリットではありますが、逆に「いつ学ぶのか?」を迷ってしまうことも事実です。

そこで、チーム学習では、基本的な講義はオンデマンドの E-learning 形式ですが、「いつ受講するのか」のスケジュールを学ぶ前に固定して決めてしまいます。
メリットを失っているように感じるかも知れませんが、実はその逆なのです。

いつ受講するかを決めることで、同じ時間に同じ内容を学ぶ仲間が見つかり、一緒に協力しながら学びを進めることができるのです。

私も長年講師として教えてきた経験則として、講義中の質問の8〜9割以上は講師でないと回答できないレベルの質問ではなく、受講生間でも解決できるけれどちょっと困って聞きたい質問だったりします。
だからこそ、受講生間で学び合う環境づくりが最も重要であり、満足度の高い講義は理解できない難しい用語が飛び交うような講義ではなく、受講生自身の言葉で理解した内容を話せるようになる講義です。

その点では、チーム学習はこれからの学び方として最適ではないかと考えています。
いま、一緒に学ぶ仲間が見つからず、モチベーションが下がってしまいがちな大学生にとって、一緒に学ぶ同士を見つけられる良い機会になるとも確信しています。

この ikus.ai のコンテンツを社会人の方であれば、数十万円程度の受講料を支払って受けていただきます。
もちろん、そのいただいた受講料以上に市場価値を高めることができると確信しているため、私達もこの研修を提供していますが、学生の方にとっては極めて難しい金額です。

そこで、認定クリエーターを目指す学生限定で、これら ikus.ai のコンテンツをすべて無料で受講できることにしました。
社会人の方が高いお金を支払ってでも受けたい講義を若い多感な時期に見て、より技術の社会実装に対する意識を磨いて欲しい。
そんな思いを込めて、この意思決定を行いました。

内容の方針としては、社会への実活用を意識して構成されていますが、学生の方に見ていただいても十分理解できる内容ですので、大学で習う基礎的な理論だけでなく、社会人が学ぶ理論と活用のバランスの良い内容を楽しんでいただけると幸いです。

もうこの1つ目のメリットを受けられるだけでも、ノーリスク・ハイリターンの経験であることが間違いなく、私が学生時代であれば確実に申し込んでいると思います。

2.学びながら情報発信をすることで稼ぐことができる

認定クリエーターは単に学ぶだけでなく、将来的にキカガクが提供する ikus.ai のコンテンツを制作していくことができることを前提として、最初に紹介したコンテンツを無料で受講できるような制度を設けています。
認定クリエーターになれば、その知識を活かして社会人としても立派な程度の待遇で稼ぐことができます。

ただし、学びはじめの時期はコンテンツ制作ができるレベルにすぐには到達できないことも事実であり、だからこそ、キカガクのコンテンツは高品質で差別化をはかっています
無料で学べることだけでも嬉しい方も多いと思いますが、それでも認定クリエーターを目指す以上は、働いてお金を稼げることに対する期待もあるはずです。

そこで、認定クリエーターを目指していただいている方に、ブログなどで良質な情報の発信および集客へのご協力をいただいて報酬が生まれる制度も準備しています。
この制度を利用すれば、まだ認定クリエーターとしては半人前であったとしても、学びながら働くことができ、一石二鳥です。
また、どのような記事を書くと読み手からの反応があるのかマーケット・インの発想を経験から理解することができ、一石三鳥と言っても過言ではないでしょう。

3.コンテンツ制作で通常の報酬だけでなく、ストック型の報酬も得られる

さて、多くの先端技術を学んだ後には、キカガク流のコンテンツ制作のノウハウを学び、晴れて認定クリエーターとして一人前になったとしましょう。
ここまで、とてつもなく早い方で3ヶ月、早い方で6ヶ月、ゆっくりと進めて1年程度を想定しています。

認定クリエーターとして本格的にプロジェクトを進めると、1プロジェクトが約3ヶ月程度を現在では想定しています。
社員でフルコミットしている人で3ヶ月程度ですので、学業との両立となると少しセーブして半年程度でも良いかと思います。
技術は日進月歩であるため、半年後に同じ情報が通用するかは怪しいですが、そのあたりは技術の動向を見ながら一緒に決めていきましょう。

プロジェクトを終えると、もちろん成果に対する報酬を支払います。
社会人として受け取っても遜色のない報酬で計画しているため、普通の学生のバイト代と比較すると喜んでいただける額になると思います。
※ 詳細は申込後の説明会動画や認定クリエーターとして働き始める際の契約で決めていきます。

そして、この後、大きい点が、そのプロジェクト終了時の成果に対する報酬だけでなく、売上に応じたストック型の報酬をその後も得続けることができます。
アルバイトの感覚ですと、働いた分に対する時給などで対価をもらうことが当たり前ですが、一度コンテンツを作ってしまうと、後は働かずともお金が入ってくる仕組みを作ることができます

働かなくても生きていける仕組みができるとなると楽ができると感じるかも知れませんが、実際に同じような環境に置かれると、多くの人は自身の興味が向いたほうに更に邁進し、大きな成果に繋がることがあります。
ストック型の報酬の大きなメリットは、命令されて働かないといけない時間からの解放であり、その空いた時間で自身の興味が湧いている領域に対する新たなコンテンツをどんどん制作してもらえることを期待しています。

個人としての幸福度、そして、社会の発展の両方の観点から見ても、この仕組みは素晴らしいと感じています。

これからは持続可能な学びを提供していくためには、学び手だけでなく、教え手にとっても無理のない情報提供の仕組みを作っていくことが重要です。
認定クリエーターは、この学び手と教え手の両方が幸せになれる教育のエコシステムを作り上げるための第一歩です。

学生の皆さんにとって、良いと思う仕組みだからこそ本気で紹介したいと思えますし、良い仕組みだからこそ持続可能な運営を行うことができると信じています。

まずは応募してみましょう!行動は思い立ったが吉日!

キカガクが新しく提唱する認定クリエーターの役割に興味を持っていただけたでしょうか。
学びながら働くという新しい仕組みであり、キカガクにとってもチャレンジの多い領域です。
まだまだ制度もしっかりと整備されているわけではありませんが、だからこそ、志の高い学生の方と一緒に幸せになれる仕組みを作っていきたいです。

ikus.ai の認定クリエーターのページから簡単に申し込むことができます。
もちろん応募は無料で、基本的な事項をクリアできていれば、まずは ikus.ai のコンテンツを無料で受講できる認定クリエーターの卵としてスタートを切ることができます。

思い立ったが吉日。

いま、この瞬間、面白そうと思った方は、熱のあるうちに早速、以下のページから認定クリエーターに応募してみましょう。

▶ 認定クリエーターの応募ページ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
みなさんと一緒に学び、働けることを大変楽しみにしています。

 

株式会社キカガク
代表取締役社長
吉崎 亮介